信用取引は、本当にもうかるの?

信用取引は利益を生む玉手箱?破産への入口?

証券会社や証券取引所から資金や株を借り、それを元手に運用するのが信用取引です。取引規模を拡大させたり、空売りを行えるようになるなど大きく利益を得るためには必要な取引手法ですが、証券取引においては利益と損失は表裏一体のため、現物取引と比較して損失が膨らんでしまうリスクも高まります。
損失が拡大しやすい信用取引だけで利益を出すためには、綿密な見通しによって成り立つシステムトレードの理論と、それを厳格に実行する頑強な精神力が必要になります。大きな利益のみに魅せられて「信用取引で一山当ててやろう」という軽い気持ちで取引を行えば、ほぼ確実に損失しか生みません。信用取引によって破産に追いやられた人の話を実しやかに聞きますが、決して誇張された教訓ではなく、実際に起き得る可能性があるものとして認識しておかなければなりません。

信用取引はこうやって儲けろ!

一方で、信用取引は敷居が高く、個人投資家では利益が見込めないのかと言われると、決してそうではありません。信用取引は上手く運用すれば、手軽ながらも確実に儲けることができます。
まず信用取引の空売りは、株価が上昇している最中の銘柄の利益確定に使うと有効です。普段は売買しにくいような株であっても、信用取引を活用すれば柔軟に対応することができ、着実に儲けを出すことができます。また現物買いと空売りを配当権利落ち日前に同時に行って権利落ちした後に決済することで、株主優待をほぼ無料で手に入れるということもできます。
信用取引は単独で利益を出すことは難しいと言えますが、現物取引と組み合わせると一転して利益を生み出す可能性が高まる取引であるという性質を理解して運用するように心がけましょう。

© Copyright Original Credit . All Rights Reserved.