信用取引は、どんなのがあるのかな?

信用取引は空売りがポピュラー

証券取引所や証券会社から資金や株といった有価物を借り、それを元に株の売買を行うのが信用取引です。しかし、実際にどういう形で利益を出すのかイメージをつかみにくい側面もあります。これから証券市場へ資金が流入するとも予測されているため、利益を出す手段としてどのように信用取引を活用すれば良いのか把握しておきましょう。
まず、信用取引で最も知られているのが「空売り」です。借りた株を高値で売って株価が下がった所で安く買い戻して返済すれば、その差額分が投資家の利益になります。株価が下落していても利益を出すことができるようになるため、信用取引の醍醐味として大変人気がある取引手法です。一方で損失も拡大しやすくなるため、その運用には慎重を期さなければなりません。

株主優待を得る上でも信用取引が有効活用できる

信用取引の空売りを活用すれば、株価の上下動とは関係なく利益を得ることができるようにもなります。昨今人気の株主優待を証券取引の手数料と金利のみのほぼ無料で得てしまおうというやり方ですが、決して難しいものではありません。
まず、株主優待の権利が発生する配当権利落ち日の前に株主優待を得たい銘柄を現物買いし、その銘柄を同時同額で空売りします。配当権利落ち日を過ぎるとその銘柄の株価はたいてい大きく下落しますが、現物買いと空売りによって損利は相殺されるため、株価リスクを完全にゼロにして決済することができ、株主優待の権利を手にすることができるのです。信用取引は株価変動によって利益を得るだけでなく、このように反対売買を利用して擬似的に株を保有する状況を作り出すこともできるのです。

© Copyright Original Credit . All Rights Reserved.